学校生活の紹介

学校生活の紹介

知識を学びます。技術を学びます。
そして心を学びます。

2019年09

基礎看護学実習Ⅱ-①

2019年09月19日

 9月2日から、基礎看護学実習Ⅱ-⑴実習を行いました。今回は初めて患者様を担当させていただく実習でした。患者様の生活中心によく観察し、アセスメントをしました。また、患者さんに行われている、援助を計画し看護師さんと一緒に援助させていただきました。患者様の動きをよく観察し、何ができて、どんなところに援助が必要なのかを把握することが、生活援助援助の計画を立てるのにとても大切なことだと学びました。
疾患のことはまだ分かりませんでしたが、これからの学習の中で理解を深めていきたいと思います。  1学年

2019年08

点滴静脈内注射演習

2019年08月30日
点滴静脈内注射演習

 点滴静脈内注射の演習がありました。グループ内で手順や方法などを確認した後、先生方に指導をいただきました。薬剤の準備ではバイアル内の陰圧、陽圧に注意しないとうまく吸えないし、シリンジもきちんと空気抜きをしないといけないことが分かり、清潔を保ちながら行うこともとても重要だと思いました。やってみると出来ていないところばかりでした。
 今回の演習の目的は、方法や不明な点を明らかにし今後につなげることでした。準備に時間がかかり、穿刺はあまり行えませんでしたが、一人一人が自分の課題に気づけたのではないかと感じています。確実な技術の習得に向けて、クラス全員で学んだことを共有し日々の練習に取り組んでいきたいと思います。

点滴静脈内注射演習
2019年07

ケーススタディ発表会

2019年07月25日
ケーススタディ発表会

 7月にケース発表会がありました。ケース発表会は自分たちが対象者さんに行った看護にどのような意味があったのか、文献を用いて意味づけし発表し合い、それに対して意見交換を行うことでそれぞれの看護観を深めるものです。意見交換をすることにより、他者の考えを知ることができ、新たな発見もあり、自分の考え・看護観を見直せたり、深められたと感じました。今後の実習や看護師として臨床に出た際に自らの看護に反映させていきたいと思います。3学年

ケーススタディ発表会
ケーススタディ発表会

オープンスクール

2019年07月17日
オープンスクール

 7月のオープンスクールにおいて、私は採血のブースを担当しました。高校生と関わるにあたって、自分の採血の手技の確認を行い、良い復習の機会となりました。母校の後輩とも関わることができ、看護師を目指して進路を決めていた自分の高校時代を懐かしく感じ、初心に帰ることができました。自分の今後の人生設計をするにあたって、学生時代は大切だと改めて感じられ、これから私も国家試験を控えているという意味では、高校生と同じく受験生であるので、今しかできない学生生活を楽しみながらも、後悔のないように勉強も励みたいと感じました。3学年

オープンスクール

本社研修

2019年07月08日
本社研修

 看護学生2年次には、全国の赤十字看護専門学生が集い赤十字に関して学び、意見交換をする本社研修がります。私たちは7月7日にその本社研修に参加しました。
 私が研修で印象に残っているプログラムは学生交流です。他校の仲間と、「赤十字の一員として大切にしたいこと、『今』自分に出来ること」についてディスカッションを行いました。私たちのグループでは①思いやりを大切にし、今自分に出来ることとして体調管理をしっかり行なうこと、②SNSにて献血の大切さを広めること、という考えが出ました。また、「参加者全体の意見交換」では他のグループなどの意見を聞き様々な考えを知りました。
 今回本社研修でたくさんの人の考えを聞けたことで自分の考え方が広がりこれからはもっと広い視野で物事を見ていきたいと思いました。 2学年

本社研修
本社研修

技術テスト

2019年07月04日

 6月20日に寝衣交換と清拭の技術テストがありました。練習する中で得た技術におけるポイントや改善点などをクラス全体で共有することで、技術の向上につながり、より一層意欲的に練習に取り組むことができました。また、試験本番では一人ひとりが主体的に動くことができ、試験をスムーズに進めることができました。そのため、個人の結果だけでなくクラスとしても良い結果を残すことができたと思います。次に行われる試験に向けて、情報共有を大切にして効果的に練習を進めていきたいです。  1学年

2019年06

スタディセンターⅡ

2019年06月20日
スタディセンターⅡ

 先日、人間関係技術論の授業で2泊3日の合宿がありました。そこで私は、今までの自分の対人関係について振り返ることができたり、相互理解とは、ということについて学ぶことができました。
 いつも他人任せにしてしまうことがあった私ですが、「過去と他人は変えられない」という講師の話を聞き、自分が変わらないと何も変わらないと改めて実感し、変わろうと思いました。自分から動く=自己開示だと私は思うので、全面に自分を出すことは難しいが、適切なタイミングに合わせて自己開示をしていきたいです。
 また、相互理解するにあたっては、フィードバックすることが重要だと感じました。誤解が生まれるのを防いだり、理解度が高まると考えます。
 人間関係について考えれば考えるほど難しいですが、日々学びながら過ごしていきたいです。2学年

スタディセンターⅡ
スタディセンターⅡ

病院祭

2019年06月05日

 5月25日に病院祭がありました。私たち3年生は、地域の方々や患者様へ笑顔と感謝の気持ちを届けるため、看護学生による歌のコンサートで「幸せなら手を叩こう」と「ひまわりの約束」を披露させていただきました。一年後には看護師として働いている自分はまだ想像がつきませんが、残りの一年間、学生である自分にできることを一生懸命行いながら、大切に時間を過ごしていきたいです。 (3学年)

2019年05

看護の日

2019年05月13日
看護の日

今年は私たちが主体となり看護の日の準備を重ねてきました。係に分かれて準備することも多かったので、全体では「報連相」を意識し情報を共有しながら準備を進めました。
当日は、施設訪問や病院コンサートを行いました。病院コンサートでは、温かく聴いてくださる方々が多く、嬉しさが込み上げてきたのと同時に私たちも目標に向かって頑張ろうと思える活力をもらいました。
これからの学校生活も、改めて学んだ看護の心を忘れずに、毎日を大切にしていきたいと思います。2学年

看護の日
看護の日
2019年04

新入生歓迎会

2019年04月26日
新入生歓迎会

新入生歓迎会
 今回の新入生歓迎会は先輩方と直接交流ができる初めての機会でした。学年分け隔てなく構成されたグループで行う種目もあり、とても楽しい時間を過ごすことができました。また先輩方の行動には流石だなと思う場面も多々あり、、見習っていきたいです。これから先の行事や勉強には不安もありますが、先生や先輩方の力を借りながら夢を叶えるために沢山のことを学んでいきたいと思います。
                                     1学年

新入生歓迎会
新入生歓迎会
2019年02

導尿の技術試験

2019年02月04日
導尿の技術試験

導尿の技術試験がありました。クラス全体で計画的に準備や練習を行い、練習の成果を発揮することができました。
無菌操作では先生方から指導していただいた技術をお互いに共有し合い、援助に活かすことができました。お互いに共有し合う大切さを改めて実感しました。これからも技術テストはあるので、クラス全員で協力し合い合格を目指していきたいです。1学年

2019年01

Ⅱ‐②実習に行って

2019年01月18日

 先日、今までの学習と実際の看護とのつながりを理解し、学習の必要性を認識するという目標を持ち、Ⅱ-②実習に行ってきました。2日間シャドーウィングをさせて頂き、学習会を通して、看護師さんの援助の意味を理解することができました。さらに学内のまとめでは実際にみた検査や治療等を改めて整理したことでより深い学習につながったと思います。今回学んだことを活かして学習していきたいです。1学年

領域別実習に向けて

2019年01月15日

もうすぐ領域別実習が始まろうとしています。もう自分たちの番がくるなんて時間の早さに驚いています。今まで忙しい中でやってきた1つ1つのことは自分の力に必ずなっていると思うので、学習したことを今度はベッドサイドで発揮していきたいです。そして実践を元にさらに学習を深めて、自分の看護観を深めていきたいと思います。2学年

クリスマス会

2019年01月07日

 12月20日に全校でクリスマス会を行いました。有志によるステージ発表やクイズを行い、大いに盛り上がりました。1学年が初めて企画・運営を行いました。苦労したこともありましたが、企画・運営を通して1年間お世話になった二、三年生の先輩方や先生方に感謝の気持ちを伝えることができたかなと思いました。たくさんの笑顔が見られ、とても嬉しかったです。
1学年

2018年12

惣万佳代子先生の講演会を聞いて

2018年12月30日

12月18日に惣万佳代子先生による現代の看護師についての講演がありました。先生は、看護師の仕事は患者さんと関わる中で患者さんの思いや願いをきくことであり、ベッドサイドに行って直接患者さんに触れて観察することが大切であるとおっしゃっていました。医療機器の恩恵を強く受けている現代ですが、実習で看護実践をする際には、患者さんの元へ行き、じかに肌に触れる看護をしていきたいと強く思いました。                             2学年

2018年11

看護研究発表会

2018年11月08日

 看護研究発表会では長野県内の看護学校の生徒が集まり、自分たちが行った看護を研究としてまとめ発表を行いました。どの発表もとても勉強になり、患者や家族にとってより良い看護とは何かを改めて考えるきっかけになりました。国家試験に合格した暁には、看護師として患者の前に立つことになります。今回の発表会や実習を通して学んだことを活かし、患者を理解しその人の思いを大切にした看護を行っていきたいです。また、発表後の解剖生理学の講義では、ただ解剖整理を覚えるのではなく、納得しながら楽しく学ぶことができました。国家試験が近い私たちにとって、もう一度基礎を確認するよい時間となりました。                                                3学年

2018年10

戴帽式

2018年10月31日
戴帽式

 10月26日、私達1年生は戴帽式を迎えました。
41名全員が今まで支えて下さった方々に感謝をし、将来看護師になるための決意を固めることができた式となりました。
これからもクラスで一致団結し目標に向かって学習に取り組んでいきたいと思います。 (1学年)

戴帽式

救護演習

2018年10月01日
救護演習

 今回の救護演習で私たちは、救急法やテント設営、担架操作など災害に必要な多くの知識や技術を学びました。4日間の学びを実践形式で行う学習もあり、私は受傷しながらも他の傷病者の方を心配し、混乱している役を担当しました。救護に来てくれた3年生が優しく声掛けをしてくれ、それだけでも安心し、ほっとしました。自分も知識や技術をより確実なものにし、自信を持って救護ができるようになりたいと強く思いました。  2学年

救護演習
救護演習
2018年09

よいてこ祭り

2018年09月18日
よいてこ祭り

 7月28日によいてこ祭りがありました。お昼休みや放課後の時間を使って練習し、湯のまち踊り賞を獲得することができました。学年関係なく一つのものを一緒につくり上げることができて楽しかったです。地域の方々も私たちの踊りを楽しみにしてくれているので踊ることを通して地域に貢献できることも嬉しく思います。私たちが今こうして学習できるのも地域の方々の支えがあってこそなので、感謝の気持ちを忘れずに来年も参加したいです。(2学年)

よいてこ祭り
よいてこ祭り
2018年07

本社研修

2018年07月21日

6月30日に本社研修がありました。他の赤十字の学生と交流会を行ったり、赤十字活動についての講演をお聞きしました。交流会は、お互いに初対面でしたが、同じ看護師を目指す仲間と良い交流ができました。自分とは違う意見の人や、自分より良い考えを持っているなと感じる人ともこの交流会で出会うことができ、勉強になりました。講演では、海外での支援についてのお話をお聞きました。学校で学ぶよりも深く、知らなかったことを多く教えていただきました。今後も赤十字の一員として日々勉強に励んでいこうと思った1日でした。 2学年

▲先頭へ戻る
Copyright(C) 2014 Japanese Red Cross Society Suwa Hospital All Rights Reserved.